夏の定番、ひまわり

皆さんのブログを見て、そういえば向日葵畑ってもうだいぶ見ていないなと。ちょこっと出かけました。
アマゾンから夏用ジャケット(はじめてのメッシュジャケット)が届き、雨続きでいつ着るのよと思っていましたが遂にその時が。

          

今までパンチングの革ジャンだったのですがやっぱりメッシュジャケットは涼しい〜。とはいえプロテクターの肩と肘をもう少しライトなものに交換したので風抜けは若干落ちてしまいました。
着心地は快適ですが意外な盲点が虫アタックです。小さなコバエみたいなのがメッシュに喰い込むのです。使ってみて初めてわかるあるあるです。玄関入る前にチェックしなきゃ!

出かけたのは埼玉県春日部市のひまわりの広場です。そんなに大きな規模ではないのですが、好きな背の高いタイプの向日葵で見応え十分です。

人出もそこそこあって、でも観光化するほどでもなくていい感じの人だかりでした(土曜日4時ごろ)。子供連れが多かったでしょうか。たぶん今が見頃だと思います。見晴台なんかもあり上に登ると「わ〜〜」と言いたくなる咲きっぷり。

ひまわりは太陽に向かって咲くわけではないと聞いていたのですが、この時は太陽に背を向けてました。曇ったり陽が出たりの1日だったのですが、全部同じ方向を向いているのにはちょっと感動です。

道路にちょびっと停めて写真撮れるぐらいののんびりした交通量です。駐車場も8割埋まりぐらいなのでマイナーなのかもしれません。


おまけ

チャリで出かけた公園にも小さなひまわり「サンフィニティ」が。背丈が40cmぐらいの草花ですが群生してると迫力あります。

そしてそのとなりに緑のモリゾーが。。。


超もふもふのコキアです。葉は柔らかく揺れるとふわふわして可愛い。秋には真っ赤に色付くことでしょう。




稲毛海岸リニューアル、いなげの浜

渋滞が嫌で夏場は海沿いを走りたく無いのですが、仕事場でもある幕張メッセ近くに新たにオープンした海沿い施設を覗きに行ってきました。

東京湾都心周辺では最長の砂浜ビーチらしい稲毛海岸を 白い砂浜(侵食された砂浜を白砂で埋め立てたらしい)にリニューアルしてこの春オープンしています。それに伴ってビーチ中央に大きなデッキが作られて、飲食店なども防風林の中に設置され、ちょっとしたリゾートスポットな雰囲気を出しています。

久々に砂浜に足を踏み入れました。なんだか「夏」って感じしますw
テレビでもちょこちょこ取り上げられているので休日はかなりごった返していますが平日はこの程度。昼間はファミリーが多く 夕暮れからは大人タイムですね。

デッキを横から見ると海に突き出していてなかなか気持ちの良い空間になってます。
と、夕陽のシルエットにスカイツリーが見える。海側から見るとこんなにでかいのかと驚きます。
クローズアップ↓
スカイツリーって海からそこそこ離れているはずなのに・・・蜃気楼効果かなぁ。

ここから東京側に1kmほどのところに見晴らしの良い美浜大橋(かつてのナンパ橋)があり、さらに1kmほど先に海岸の臨める温泉(幕張温泉湯楽の里)が出来上がっています。
近隣にはイオンモールコストコさくら広場(桜が咲いていなくとも開園)などもあるので、休日の日中は車では近寄らないほうがいいかも〜。
千葉市観光課の皆様ごめんなさい。千葉はいいところです!)

 

七夕に 櫻木神社 と 喋る銀杏の木

気が付けば七夕を迎え、年を追うごとに時間が早くなるのを切に感じます。
一説によると、記憶できる量がだんだん減ってくる為に振り返った思い出が少ないから時間が短く感じるとか。医学説はバッサリ答えを出すねぇ。もっとドラマチックな説はないのかしら・・・・。

7月7日、さほど灼熱でもないのでバイクを走らせました。たまたまの気まぐれなのですが、ぶらりすと*みーちゃさんが紹介していた櫻木神社に行ってきました。

そこはキッコーマンの聖地、醤油の町「野田」にあります。初めて巨大な醤油タンク見たときは感動すら覚えました。w

そして櫻木神社の大鳥居です。侮っていました。大きい。

駐車場がいくつもあって休日の賑わいが伺えます。平日はごらんのとおりまばらです。
ここから短めの参道を歩いて神門にたどり着きます。

七夕飾りの吹き流しが祀られていました。↑

こちらが拝殿↓

神門はきらびやかでしたが拝殿は凛として澄まし顔です。
この神社は様々な縁起担ぎのエリアがあってちょっとワクワクします。

そしてトイレにも力入ってます。トイレの神様がいらっしゃるのはもちろんのこと、子供用トイレが可愛らしい。

運転席に小さな便器が見えます。発車オーライです^^

七夕と云うこともあって笹の葉と短冊飾りの風鈴がいい音色を出していました。

もう、ん十年も短冊なんて書いたことがなかったのですが久しぶりに結んでみました。こうして願い事を公の場に晒すって、考えてみればなんだか不思議なならわしです。日本独特なのでしょうか。

 

このすぐ近くに野田の愛宕神社があります。正直寂れた雰囲気になっていますが千葉県指定の重要文化財に選出されているのに相応しく、本殿の彫刻が素晴らしい!
保全されていない様で、このまま朽ちるのは惜しいと感じます。

ここで不思議な発見があって、愛宕神社の裏手に銀杏の木があるのですが、これが鳴くのです。タネを明かせば風にしなった枝が、朽ちた幹を擦らせてギュウギュウ鳴くだけなのですが、こんなによく鳴く木は初めてでした。
その日の湿度や風の強弱によってきっと喋っている様に聞こえる時もあるでしょう。果たして樹木に神が宿るとは、こう云うことなのか?否か?

 

房総半島ド真ん中、高滝湖

房総半島のド真ん中にある高滝湖。1990年に完成した意外と新しいダム湖です。
湖畔の脇に赤い鳥居があるシーンを見に行ってきました。
途中のうぐいすライン辺りは河岸段丘っぽい田畑が続いていて、田植えの終えた青々した大好物の景色が見れてそれだけでご機嫌です。

加茂橋から↓

この時期は貯水量が多めなのか、鳥居の足元は水の中でした。秋冬は水位が下がってくぐれるのかな。
上に映る大きな構造物は藤原式揚水機で、平たく言うと巨大な水車です。修理中となっていましたが再び動く日が来るのだろうか。。。
左上の美術館(市原湖畔美術館)にも興味があって行ってみました。

建物の構成が積み木感覚で自分の居場所を見失いそうです。
美術館庭先の堤防から↓   陽が出てきたせいか朱塗りがとても目立ちます。

そして大鳥居まで降りると、撮影しておられる方が2名ほど。予想通り逆光です。湖の対岸側、丁度加茂橋のたもとにこの鳥居の社殿、高瀧神社があります。

なんだか参道階段に光が降り注いで輝いておりました。ただの自然現象ですが恩恵を授かった気分になります。ご利益ご利益♪

 

ダム湖ということで放水路にも立ち寄ってみます。亀山湖に続き県内最大級の貯水量らしいのですが・・・案外ちっちゃい。効率のいいダムってことでしょうかw

 

 

 

浮島の和田公園(霞ヶ浦)と立ち寄りの大杉神社

今日の目的地は霞ヶ浦の和田公園。都内から霞ヶ浦へは下道で2時間程度とGoogleが教えてくれますが、法定速度守ってこの時間で行けるのだろうか?と、疑りまくりです。もっとも私はトイレ休憩を頻繁に入れるので3時間ほどかかってしまいます。

まずは和田公園の近くにある大杉神社へ寄ってきました。

あんばさま総本宮「大杉神社」| 日本唯一の「夢叶え大明神」 | あんばさま総本宮「大杉神社」| 日本唯一の「夢叶え大明神」

f:id:sham_poon:20220412204710j:plain

地元の天狗伝説が関係しているのか、鳥居の横に大きな天狗頭↑がありました。鴉天狗と鼻高天狗。標識や信号機支柱に挟まれて窮屈そうですが・・・
敷地はさほど大きく無い神社です。装飾がきらびやかで色々と頑張っている感のある神社です。ご利益が何でも来いの願い事のデパートみたいな神社で、「願い事をするのではなく感謝をしましょう」などと偽善者ぶった解説は不要の、「願いを叶える」を前面に押し出した神社です。有難いw

f:id:sham_poon:20220412205540j:plain

願い事デパートだけあって境内に末社も多く、様々な神様が祀られています。七福神もおられます。大杉神社の名の通り御神体は大きな杉の木です。境内に「三郎杉」裏の天狗の森に「次郎杉」、となればどこかにもう1本大杉がありそうなのですが、見つかりませんでしたT.T

f:id:sham_poon:20220412205643j:plain

ここのトイレが凝ってます。小便器さえも個室仕様でその個室が襖絵風壁に格子天井と雅(みやび)な雰囲気です。チラと覗いた女子トイレも豪華でした。

f:id:sham_poon:20220412210546j:plain f:id:sham_poon:20220412210618j:plain


この神社から10分ちょいで霞ヶ浦です。
至る農業道路が気持ちいい水田地帯で、土を掘り返しところどころでは水を張りはじめていて水盤が綺麗でした。間もなく田植えが始まるんですね。
そして和田公園に到着。丁度チューリップの見頃でした。

f:id:sham_poon:20220412211420j:plain

f:id:sham_poon:20220412213928j:plain

そして霞ヶ浦がドーン!

f:id:sham_poon:20220412211650j:plain

外周路を自転車速度でのんびり走ると最高です^o^/

f:id:sham_poon:20220412211815j:plain

 

千葉県立中央博物館はボリウム満点

千葉県立中央博物館へ行ってきました。博物館好きなのです。
建物がそれほど大きく無いのですぐに回れるだろうと思っていたのですが・・・

f:id:sham_poon:20220408221808j:plain

15時半に着けば閉館までの1時間で見て回れるだろうと想定していたら、思った以上のボリウムで半分しか見れませんでした@@;
中央博物館だけあって、房総半島全域にわたる地質・海洋・生物・歴史・文化を集約して展示してありますがその内容が濃いのです。

f:id:sham_poon:20220408221832j:plain

↑千葉沖の海溝の深さを模型化してあったり、地質マニアもしくはNHKブラタモリを見ている人なら興味が湧くような石や地質構造の展示が充実しています。やはりチバニアンを有する県ですね。

f:id:sham_poon:20220408222427j:plain

地震震源地を地下層分布で表したりなかなか凝ってます。この分布で大陸プレートの沈み込み位置が見える化されちゃってます。素晴らしい。

↓お決まりの骨格展示や剥製展示も結構あります。

f:id:sham_poon:20220408222754j:plain

f:id:sham_poon:20220408222945j:plain

f:id:sham_poon:20220408223015j:plain

体験展示や映像展示は感染予防の為ほぼ停止状態で残念でしたが、このゾーン↑の映像展示がなんとブラウン管モニターだったのには驚きです!予算回してあげて〜!

見入っていたら、歴史や文化ゾーンをまわる前に時間切れとなってしまいました。(基本写真はOKのようですが、歴史ゾーンは撮影NGらしいです。文化財の関係かな?まぁそこまで行けませんでしたが・・・)

もしかしたら千葉県人は小中校外学習でほぼ見学する場所なのかもと思えるくらい千葉という土地の成り立ちが大枠で理解できるように構成されています。歴史と文化は早歩きで通り過ぎただけですが、これもまた興味の湧く模型やレプリカが多く、またそのうちに見に行こうかと思います。

中央博物館は青葉の森公園にあります。この公園はエリアごとにテーマがあり土地自体の高低差も手伝って歩き甲斐があります。かなり大きな樹木もあり目にも足にもお散歩に最適です。

人混みを避けて渡瀬遊水池 外周

夕方も暖かくなってきたのでお出かけです。
目的地は渡瀬遊水池。

渡良瀬遊水地 WATARASE YUSUICHI

桜の時期は平日でも人混みに遭遇しやすいのですが、渡瀬遊水池は際立った桜の名所が無いので空いているであろうと予測して行ってみました。

定番ルートの江戸川西側の道を北上、埼玉県道21号三郷松伏線も整備を終えて綺麗になってスイスイです。

f:id:sham_poon:20220406230445p:plain

今回初めて南側の管理道路から広大な湿原に入りました。中核を成すハートマークの谷中湖の外側です。ちょっと叫びたくなるくらい気分がハイになりますw

f:id:sham_poon:20220406232505j:plain

そこで見つけたのが↑こちら。ここってしゅんさんのブログのヘッド画像の場所ではなかろうか?と・・・似たようなアングルで1枚。

Googleナビの指示で野渡橋から北側に行こうと走らせましたが、やはりバイクも通行禁止になってました。一旦西に出てせっかくなので野木町煉瓦窯を見学です。

f:id:sham_poon:20220406233524j:plain

大きい窯です。日本の高度成長期に建物や鉄道橋に使われた煉瓦を焼成する為の焼き窯です。原理は単純なのですが造形美と言えばいいのか風格があり内部もなかなか素敵でした。内部見学(100円)には工事ヘルメット着用(貸し出し)です。

f:id:sham_poon:20220406234720j:plain

 

渡瀬遊水池の北エントランスにて↓  桜の撮り納めです。菜の花はまだまだいけますね。

f:id:sham_poon:20220406235040j:plain

渡瀬遊水池の水辺も綺麗なのですが、ここから見える山並みも結構好きだったりします。画像だと小さなシルエットですが、関東平野のその先に日光連山が連なる風景が美しく感じるのです。真東には筑波山も。

f:id:sham_poon:20220406235216j:plain

そして空が広い。なるほど気球競技の開催地であるのにふさわしい。

f:id:sham_poon:20220407000141j:plain

遊水池の外周をくるっと回ると、早くも虫アタックが激しく、メットやフォークに跡が結構付いていました。花が咲けば虫が飛ぶ。もう出かけるたびに拭き取りする季節がやってきたんだなとしみじみ。

帰りは埼玉の桜の名所、権現堂堤付近を通過するので渋滞にはまるかと心配しましたが4号は空いていて、国道から桜並木を眺めながら帰れました。チラ見程度ですけど^^